ニュース一覧

原因に応じたアプローチを

スポーツ用品

エクササイズのコツ

顔は第一印象を大きく左右するポイントです。体が多少ぽっちゃりしていても、顔が小さく痩せていれば意外に細く見えます。逆だと実は細いのに太く見えて二重に損ともいえます。顔を痩せるためには、原因に応じたアプローチが重要となります。痩せるといっても、顔の場合は、単にダイエットすれば痩せるとは限らないためです。むくみ、脂肪、骨格が主な原因で、それぞれの原因に応じた対応が必要となります。むくみが原因の場合はたまっている水分や老廃物を流すのが痩せるためには重要です。単に体重を減らしても、むくんでいるのであれば顔は小さくなりません。マッサージや食事の改善によりむくみをとるのが大切です。マッサージなどはお風呂あがりなど、血行がよくなっているときに行いましょう。クリームやオイルをつけ、すべりをよくすると効果的です。美顔ローラーなどもよいでしょう。脂肪が原因の場合はある程度のダイエットが必要となります。ただ食事を減らすだけでは胸から減ることになり、顔はなかなか痩せないので、筋トレも併用して脂肪が燃えやすい体に変えていくことが大切です。舌を上下左右に動かす体操などを行い、表情筋を鍛えるのも筋トレの一種で、小顔化に効果的です。骨格が原因の場合は美容整形が必要になることもあります。ですがたいていはよけいなむくみや脂肪により必要以上に大きく見えていることが多いので、それらの原因をまず取り除き、それでもだめなら手術などを考えるとよいでしょう。

Copyright© 2018 顔が痩せるための方法!スッキリとしたフェイスラインを手に入れる All Rights Reserved.